意識が変われば行動が変わる?

意識が変われば行動が変わる?

これはお金だけでなく、全般に言える事だと思いますが、現実は今の意識レベルと繋がっているかと思います。

今日は、意識(思考)と行動について紹介させて頂きます。


ヒンズー教の教え

ヒンズー教の教えの一節に、以下のような文節があり、プロ野球選手として巨人やニューヨークヤンキースで活躍した、松井秀喜選手も、座右の銘にしていたそうです。

『心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。』


最初の第一歩となるのが、「心」で、心が変われば「人生」が変わると極端に言えば、そうゆう事だという事になります。

もし、今の人生を変えたい、より良いものにしたい、望む人生が意識(思考)のあるとすれば、その人生を手に入れるための行動へとフォーカスをはじめ、行動するための日々の習慣を変化させていく事ができます。


私の場合、以前まで金融機関に勤めていましたが、このまま定年まで生きる屍状態で過ごす事を想像した時、「絶対に無理だ・・・」と思いました。

また、昇進しても給料が劇的に変わるわけでなく、むしろ責任は重たくされ、発想の自由も制限されていく事を考えると、「人としての成長が止まる」と感じました。


そんな事を思っているうちに、「今の人生を本気で変えるにはどうすれば良いか??」といろいろと探して、自己啓発の書籍などを多く読ませて頂きました。


しかし、実際に本を読んでも、その瞬間は「なんかええ感じ」とか思うのですが、時間が経つにつれて、行動に起こさず流されてしまう自分がそこにはいましたので、これは「環境を変えないと無理だ」と思い、会社を退職する決意をしました。


それでも実は、環境を変えたに過ぎず、肝心なところが変わっていませんで、結局人生を変えるのに時間がかかります。


もうお分かりかと思いますが、「心(心構え)」が変わっていない事で、「本気で変えたい人生と変わったあとの望む人生を思い描く力が弱かった」のです。


他者に依存し、自分の力を磨かず、上っ面の理論だけで本気で打ち込めるものを見つけていないという事に気付き、そこから自分でネットビジネスの勉強をしたり、コーチングの勉強をしていく中で、自分自身の「心(心構え)」を磨く事ができ、今日まで至る事ができました。


答えは心のなかにあります。

もし、今の人生(状況)を打破したい時、何から始めるか??を考えている場合、実はすでに答えを知っていて、「心の中に持っている」という事で、他人が持っているものでは無いと思います。


他人が持ち合わせているのは、自分に足りないスキルはあるかも知れませんが、あくまでそれらのスキルは「きっかけ」に過ぎませんので、あとは自分自身が実行できるかどうか。

ただその一点だけだと思います。


私も最近になって、ようやくこのヒンズー教の教えが少しずつ腑に落ちてきた感じですが、「石の上にも三年」では無いですが、何事も継続していく中で見えてくるものも多いという事でしょうね。


今日の内容が誰かのお役に立てれば、大変嬉しく思います。

お読み頂き、有り難うございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ