同棲していくのにお金が必要だった話

同棲し始めにやっていくの費が不足したため自分のクレジットカードでキャッシングをしたことがあります。借り入れは利息を含め、60万円ほどになりました。具体的な用途は、両親の反対を押し切って2人でやっていくのをし始めたため、急な生きていくの費や家財道具が肝心となったためです。

もともとの貯金だけでは足りず、彼自身も金融ブラックでしたので自身の名義でクレジットカードを作成し、利用することとなりました。相場を借りようと思ったとき、なんだか気まずいし、人と話さなければならないのはなんとなく‥と受けると、自動契約機があるキャッシングサービスを選んだり、インターネットで依頼できるサービスを選んだりすることが多いと気持ちます。確かにわざわざ人と話さなくてもいいのならば、その方がずっと気が楽だし、借りるまでの手間も少なさそうですよね。


このごろドライブをしてたときにオフィス街を走っていたのけど、たくさんのビルがあって、様々なお店がありました。その中しかしながら意外と多いなと思ったのが、キャッシングの会社というか、お店でした。今までキャッシングなんて利用したことがなかったので、こんなに身近にお店がたくさんあるとか気にしたことなかったですし、そんなに色々キャッシングの会社があるなんて印象たことはありませんでした。

けどいくら調べて申し込み大丈夫というサービスでキャッシングを申し込んだとしても、結局は最終的に担当窓口の方と話さなければならないようですね。どれくらい収入があるとか、扶養家族がいるとか、持ち家なのかどうかなのかとか、それらで借りるのに妥当なパーソナリティなのかは機械だけで判断出来ますが、その人の中身までは判断できませんよね。おしゃべりが成り立たない人よりも、きちんと受け答えできるひとのほうが、ていねいに返付してくれそうと判断されるのでしょうね。


TVのコマーシャルや道ばたのティッシュ配りのティッシュによくカードローン、キャッシング会社をよく目にします。しかしやはり、正直一番怖いです。一度活用させてもらったら、癖になっちゃう気がします。仕組みもよくわかっていないのそれにしても、単純な査定で価格を簡単に借りることができてしまうなんて高い利子がついてしまうのではないかなあと感情ます。

実際のところ負債をするってどんな心持ちなんだろう?と妄想して検索してキャッシング業者のページを見てみました。そしたら驚くことに返済期間も意外と長く、最大年率もそこまで高めにはなかったのです。どうやら漫画で読む想像が強かったようで、あれはきっと要するに闇金というやつですのですね。加えて保証人もいらないということですから、意外と借りやすそうという思いを受けました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ