借金 取り立て 怖い

大人になってからふと周りを見渡せば、なかなか身近にキャッシングはありました。街を歩けば、キャッシングのチラシの入ったティッシュをもらいますし、テレビを見ていれば、キャッシングのコマーシャルも見かけます。色んな雑誌にも広告が載っていますね。こうしてみるとキャッシングって実はそんなに大したことはないのでしょうか?

いざ借りてみると案外罪悪感もなく、普通にすんなりと借りれてしまうのかも知れませんね。キャッシングってどうしてもいい予測がありません。よく「闇金ウシジマくん」とか「ナニワ金融道」とかそんな漫画がありますが、どうしてもそういう想像があるんですよね。

借財したものの払えなくて連帯保証人が酷い目に合うとか、期限までに払えなくて利子がスゴイことになって一層払えなくなるとか、何とかパチンコで稼いで払おうとするものの逆に負けてしまうとか‥。漫画の中では借り入れをした人とその周りで恐ろしいことが起こっていますよね。


TVのコマーシャルや道ばたのティッシュ配りのティッシュによくカードローン、キャッシング会社をよく目にします。しかしながらやはり、正直非常に怖いです。

一度使用させてもらったら、癖になっちゃう気がします。仕組みもよくわかっていないのだけど、容易な審査で費用を単純に借りることができてしまうなんて高い利子がついてしまうのではないかなあと想います。

わたしはなるべく低金利で最少限の相場が借りられる所をホームページなどで必死で探し、約半月ほどさまざまと頑張って、何とか国の教育ローンの審査に通る事が出来ました。固定年利2.3%とカードローンに比べたら非いつも金利も安いし、月々の返済額も少ないので助かりました。

もしもやっていくのが苦しければ今回借りたお金からちょっとずつ出すつもりしかしながら、子供が高校を卒業する時にはたとえ出来るだけ残しておかなければと考慮しています。昔はキャッシングなんて、非常に悪いことのように心持ちていました。人から相場を借りることは絶対にやってはいけないと言われて育ってきたので、そのせいもあるのでしょうか。


なんだかあまりいい思いがないのです。けどいくらネットで申し込み問題ないというサービスでキャッシングを申し込んだとしても、結局は最終的に担当窓口の方と話さなければならないようですね。

どれくらい収入があるとか、扶養家族がいるとか、持ち家なのかどうかなのかとか、それらで借りるのにそれ相応の人格なのかは機械だけで判断出来ますが、その人のパーソナリティまでは判断できませんよね。

しゃべりが成り立たない人よりも、ちゃんと受け答えできるひとのほうが、ちゃんと払い戻してくれそうと判断されるのでしょうね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ