借り換えローン 低金利でおすすめなのは嘘?

おまとめローンや借り換えローンと呼ばれるサービスがカードローンやキャッシングでありますが、実際に低金利で利用できるので便利という口コミは信用できるのでしょうか??

個人的な結論は、「半分本当で、半分は嘘」だと思っています。


借り換えローンの条件はどうやって決まるの?

借り換えローンですが、実は誰でも審査が出来たり、借り換えできるわけでもなく、金融機関が定める条件(審査基準)がありますので、まずは、審査をクリアできる人という条件があります。


審査基準は、各社で条件が違うと思いますが、一言で言えば「リスクヘッジが可能かどうか」という事だと思います。

1社に借り換えするという事は、借金額自体が変わるわけではありませんので、その1社が分散したリスクをすべて背負うという事になりますので、十分な返済能力があるかどうかを一番確認したいところです。

また、それだけのリスクを無担保、無保証で原則背負う事となりますので、ハイリスク・ハイリターンで無ければ、金融機関としてはメリットがありませんので、少しでも多く利率を高めに設定しておきたいところです。


ここで一旦まとめですが、

イシイ さん
借り換えローンは、債務者優先で契約条件が決まるものではありません!


↑ 吹き出し プラグイン 当サイトに搭載してみましたで紹介したとおり、早速使ってみました。



借り換えローン おすすめの選択方法は?

では、借り換えローンですが、どこで利用するのがオススメか??と考えた場合、現時点で消費者金融系での利用が多い方の場合は、できれば「銀行系カードローン」へ相談するのが良いかと思います。


銀行系カードローンですが、銀行が資本となり、与信審査や債務保証は消費者金融が担うハイブリッド型のカードローンで、銀行本体のローンよりも審査スピードが迅速ですが、金利が少々お高めというものです。
(それでも、消費者金融に比べると、金利も低いです。)


都市銀だけでなく、今では地方銀とも提携を進める消費者金融が増えており、プロミス、アコム、オリコなどが多くの銀行系カードローンの保証業務を行っています。

銀行によっては、別会社を設立してカードローンの販売を行っているところもあるくらいです。


イシイ さん
銀行系カードローンが人気の理由は、金利が低いだけでなく、融資限度額も多いところで1,000万円、最短即日で無担保、無保証で融資が可能です。

また、最近では銀行のキャッシュカードと一体型のカードも出ていますので、銀行で取引すれば引き出しや預け入れしているのと一緒のため、内緒で利用しやすいサービスと言えそうです。




借り換えローン デメリットはあるのか?

このように考えると、銀行系カードローンで借り換えができれば、相当メリットがあるのでは無いか??

とも一見思われるのですが、冒頭に簡単に触れましたが、「契約条件は相談の上で決定すると言っても、裁量権が金融機関側にある」ため、残念ながらすべてにおいて良い条件とは言えません。


もちろん、借り換えローンを利用する事で、以前よりも毎月の利息負担や返済額の負担が軽減されたという例も多くありますので、一概には言えないのですが・・・

借り換えローンをした事で、気が緩んだり、実情に見合わない借り換えローンとなった事で、借金が思うように減らないという方もいらっしゃいます。


そのため、一番注意したいポイントとしては、借り換えローンを「1社にまとめるメリット」だけで終わらせるのではなく、「1社にまとめる事で、返済計画を見直し、きちんと自分の経済状況に見合った返済計画を引き出すまで妥協しない」という事を忘れないようにして頂ければと思います。



今回は、借り換えローンという便利なサービスをより有効活用するには??という視点で書かせて頂きました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ