プロミスで借りれないけど大丈夫??

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。審査を受けても借りれなかったという話を聞いた雑感です。

借りれないのは何か理由がある

消費者金融でお金を借りるには、必ず審査を受ける必要があるのですが、この審査は「保証人も要らないですし、担保も要らない」ので、慎重に判断しています。

例えば、本人確認。

免許証や保険証などの公的な身分証明書で判断する事になりますが、「偽造されたものでは無いか??」、「他人になりすましていないか?」、「有効期限は切れていないか?」などをチェックする事になります。


次に、返済能力の確認。

これは主には、他での借入情報について確認する事となりますが、他での借入情報は「信用情報機関」と呼ばれる情報センターで情報を照会する事になります。

信用情報機関には、JICC、CIC、KSC、テラネットと呼ばれる情報機関がありますが、それぞれの情報は交流されていて、照会者の借入情報のほとんどがこちらへ照会する事でわかるようになります。

例えば、住宅ローンの審査の時、クレジットカードの審査の時にも使われますし、それぞれの利用情報なども交流されていますので、あなたの返済能力を確認するにはうってつけの情報と言えますね。


最後に、属性情報の確認。

借入を希望される方(資金需要者と呼びますが。)の自宅や勤務先の情報、そして収入に関する情報を確認していく事になります。

本人である事の確認と合わせて、情報に違和感が無いかどうかのチェックとなりますし、あとは同居家族や親族の借入状況なども時には参考にする事もあります。



借りれない理由を探るのは時間の無駄です

上記の通り、3つの項目について、より詳細に確認していくのが消費者金融で行われる審査の特徴なのですが、何でひっかかっているか??がすぐに分かる事であれば良いですが、分からない時に考えても時間の浪費です。

例えば、信用情報で借入が多い場合、一番借入が多いと自覚しているのは自分自身だと思います・・

同じような理由であれば、比較的すぐに見つかると思うのですが、内容がわからない場合でも、消費者金融は審査の詳細を明かしませんので、何が悪いかはわかりません。



そんな時は、相性が悪かったと諦めるのも肝心です

理由が思いつかない場合は、審査を受けた金融機関との相性が悪かったと割りきってしまうのも良いかと思います。

今回のケースでは、プロミスとの相性が悪かっただけで、例えば別の金融機関だと審査に通る可能性があるかも知れませんので、そんな時のために、複数の金融機関を比較しておくのが良いかと思います。


個人的にオススメできるのは、ナビナビ借入診断であなたの条件に合う金融機関を探してみる事です。

無料で使える上に、消費者金融や銀行系カードローンもありますので、選択肢が拡がる点が良いのでは無いかな??と思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ