キャッシング 癖は治らない?

キャッシングの癖ってやっぱり治らないもの?


それにしても、車を買ったりするときに、ローンを組むことも、あれも、負物のひとつになるのですよね。それと同じなんでしょうか。そう予測たら、大丈亭主かなぁと思ったりもしますが、金銭的に贅沢はできません。ですが、ほしいもの、買いたいものはもちろんあります。そんな中、金額を貸してくれる会社があることは実用的だとは胸裏ます。

自身は出来るだけ低金利で最少限の金額が借りられる所をホームページなどで必死で探し、約半月ほどいろいろと頑張って、何とか国の教育ローンの審査に通る事が出来ました。固定年利2.3%とカードローンに比べたら非毎日金利も安いし、月々の返済額も少ないので助かりました。

もしも食べていくのが苦しければ今回借りたお金からある程度ずつ出すつもりしかしながら、子供が高校を卒業するときたまたとえ可能であれば残しておかなければと妄想しています。


キャッシングは返せるアテがないと使わない事!

私がキャッシングを活用したときは、どうしても支払いがあれこれと重なって現金がまとまって肝心なときでした。返すアテがなければ借りる時も心苦しいかもしれませんが、数日後には給料が振り込まれることになっていたので大丈亭主でした。

早く支払える、○日後なら返納できると分かっている時は、そんなに借りる事にも抵抗はありませんね。今年子どもが専門スクールに進学したのだけど、最初の授業料の支払いが本当に大変でした。まず合格前に進学金を支払いました。

ここまでは別に問題なかったのです。その後学費の支払いがあったのでも、なんと学費は1年分まとめての支払いだったんです!半年分くらいは覚悟していたのですが、さすがに1年分はきついです。約120万、現金で重要になってしまいました。


大人になってからふと周りを見渡せば、結構身近にキャッシングはありました。街を歩けば、キャッシングのチラシの入ったティッシュをもらいますし、テレビを見ていれば、キャッシングのコマーシャルも見かけます。色んな雑誌にも広告が載っていますね。こうしてみるとキャッシングって実はそんなに大したことはないのでしょうか?

いざ借りてみると案外罪悪感もなく、普通にすんなりと借りれてしまうのかも知れませんね。自身は少しでも低金利で最少限の費用が借りられる所をホームページなどで必死で探し、約半月ほどバラバラと頑張って、何とか国の教育ローンの審査に通る事が出来ました。

固定年利2.3%とカードローンに比べたら非定期的に金利も安いし、月々の返済額も少ないので助かりました。もしも食べていくのが苦しければ今回借りた料金からちょっとずつ出すつもりだけれども、息子が高校を卒業する時にはたとえ出来るだけ残しておかなければと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ