キャッシング 家族バレないように利用するには?

考える

家族にキャッシングの利用でバレないようにするにはどうすれば良いのか??

について、元金融マンなりの見解を書きたいと思います。


バレないためには人目に触れない事が大事

まず、当たり前の事からですが、バレないためには、誰かに見られているかも知れないという意識を強く働かせ、誰にも見つからない方法で申し込みするのがベストでしょう。

そう考えると、今の時代で本当に便利なのがインターネットです。しかも今の時代では、スマホやタブレットの所有率も増えてきていますし、ガラケーでも申し込みができるようになっていますので、このような方法を選択された方が良いでしょう。

インターネットからの申し込みは、無料でできますし、最短で即日で審査と融資も実行する事ができます。


ただし、郵送物や連絡には要注意です・・・
インターネットからの申し込みは便利なのですが、ただ一つ欠点があるとすれば、多くの金融業者が、契約書類やカードの取扱い方法に制限があるという点です。

インターネットで手続きをすべてされる方にとっては問題ないですが、カードで取引をしたい方であれば、カードが無ければ融資や返済をATMやコンビニではできませんので、郵送で配達されるのが通常です。

郵送方法は、簡易書留や本人限定受取郵便のいずれかになりますので、家族が受け取る可能性や不在通知を見て不審に思う可能性もありますので、リスクがあります。


もし、郵送物の送付によるリスクを避けたい場合は、「自動契約機で契約手続きとカードの受取りを行う」ようにする必要があります。

この場合は、インターネットからの申し込みと審査までを行い、借入Okという返答をもらってから、来店するようにすれば、もし借入できない場合に、来店する事で無駄な時間をかけずに済みますので、そんな点でもインターネットからの申し込みはメリットが大きいかなと思います。


金融業者からの連絡にはご用心・・・

無事に契約が完了し、融資を受ける事ができて一安心・・・

とならないように、注意して下さいね!

実は、貸金業者の仕事は、融資をした後も続いていまして、「営業の連絡」や「事務連絡」がくる事が予測されます。

特に、限度額見直しの件、収入証明書の提出依頼の件、おまとめローンなどの審査連絡は、対象者を中心に連絡がかかってきますので、要注意です。


連絡先も、携帯電話、自宅、勤務先、メールなどに送られるのですが、携帯電話などでも不在着信があったり、非通知着信があると、家族も不審がります。

逆に電話通知でかかっていますと、家族の者が内緒で電話をかけてしまい、借入がバレてしまう・・

という事も、過去によくある話でした。


連絡拒否の設定をしておこう・・・

このように、借入して油断するのでなく、しっかりと対策を立てておかなければ、思わぬ落とし穴が出てきますので、最初に融資実行を行った際に、対策をしっかりと行う必要があります。

そこで、私から提案したいのが、「営業(勧誘)の連絡や事務連絡は一切お断り、必要時はこちらから連絡します」と言った感じで、貸金業者に伝えておきます。

貸金業者には、守らなければならない法律やガイドラインの数々があり、その中の一つに債務者を保護する内容もありますので、上記のように拒否していれば、原則として連絡がくる事は無いでしょう。


督促連絡については要注意・・・
ただし、「期日遅れの場合には、督促連絡が必要と判断した場合」は、貸金業者は上記の限りでは無いです。

そのため、もし期日忘れだったりの理由で延滞するケースでは、自己責任となりますので、連絡が来る事で文句を言えませんので、要注意です。


しかし、このようなケースが無ければ、基本的に連絡が入ることが無いように、上記の通り対策を整えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ